モンテディオのち雑記、所により時々天鳳かハピネッツ

モンテディオと天鳳と野球とハピネッツに日々明け暮れるしがないリーマンの雑記帳。愛車のラシーンで南に160キロ。Go south

JリーグDiv2 第15節 山形―山口

前節ミッドウィークの試合をウノゼロで獲った山形はホーム連戦。
試合間隔が狭い中で移動の疲れが無い事はかなり大きい。ましてやこの暑さ。
この日の天童の最高気温は31℃。キックオフ時間は14時。
かなりタフな消耗戦になる事が予想されていた。

阪野が若干調子を上げてきているような兆候があるけど、けが人が多いのは変わらない。
「出られる選手を全部並べてスタメンです」みたいな事にもなりかねない。
まぁそれでも石崎政権下のJ1での序盤戦に比べたら屁でもない気もしなくもない。

この試合のスタメンは前節の荒堀に変えて瀬川が入った。
GK児玉
3バック茂木 菅沼 高木
ワイドに山田 瀬川
ボランチ本田 風間
3トップ瀬沼 阪野 汰木

サブには雄斗と宇佐美が戻った。
雄斗は右サイドでも前でもできるし違いが作れる。本当にオールラウンダー。
こいつが抜けたのがでかかった。
宇佐美もワイドと最終ラインでのポリバレント。
この二人が戻っただけで競争はかなり激しくなると思う。

山口は健太郎と広大の就職先。
広大はケガかなにかしたみたいでベンチだったけど健太郎はスタメン。
うちにいた時の健太郎なら一人で中盤を制圧するくらいの事はやってのける。

試合は序盤からボールが持てた。
たぶん阪野をはじめ、前の選手がそこそこ攻撃に比重を置いていたと思う。
今までかなりディフェンスに気を使っていたけどもう少し全体として前のめりになる感じ。
後ろの両脇が大外を回って上がって行くのもあったと思う。

ただ、相手がこっちを捕まえきれていない時間に先制点を取らないとこの展開はきつくなる。
ましてや天候が天候だ。早い時間に先制点が欲しかった。

15分くらいまでに一点欲しかったけど奪えず、ゲームは膠着する。
お互い体力の消耗を嫌ってディレイなオフェンスになる。
この展開になればまず失点は無い。問題は得点だ。
崩すポイントを中々見つけられない。
となればセットプレー。

前半30分過ぎだろうか。コーナーキックを獲得しキッカーは左利きの瀬川。
インスイングで真ん中に蹴られたボールに阪野が合わせ先制。綺麗だった。
その前の阪野のGKとの決定的な1対1を外したのはこれでチャラでいいだろう。

前半は1-0。そんなにビビるような決定機も相手には作らせず殆ど完璧に見えた。
省エネでやるしかない試合だけど前半リードは願っても無い。

後半になると相手は省エネなんて言ってられないので前に出てくる。
開始早々カウンターを食らう。
かなりスペースがあってあれやられるなぁって感じのあった所だった。
一度はポストに弾かれたけど詰められて同点。

その後山形は永藤を投入する。するとそのほんの一分後に永藤が仕事をする。
前で汰木とパス交換しながら動き出し、相手のクリアミスが瀬川の足元へ。
ワンタッチでニア裏にグラウンダーを通して永藤が足から突っ込む。
永藤と瀬川のいい所が両方出た。永藤はそろそろシャドウのレギュラーを脅かす存在になってくると思う。

これで大体決まった感があったけど、この日は簡単には終わらせてくれなかった。
89分のコーナーキックで失点。またも同点である。
複数失点ってのが僕は大嫌いだ。勝てる試合も勝てなくなる。
たぶん松岡投入後のマークミスや受け渡しのミスだと思う。なんの為の松岡なのか分からなくなってしまう。

ロスタイムは4分。
まぁ普通ならここでフェードアウトのように試合は終わる。
でもこの日はもう一発待っていた。
決定的なチャンスはこれが最後だろうという時間にフリーキックを得てキッカーは瀬川。
ファーに放り込んだボールに瀬沼がドンピシャ。頭でたたき込んだ。

このまま試合は終わり結果3-2で打ち合いを制した。
審判がセンターサークルを指して笛を吹いた瞬間にタオルマフラーを思いっきり叩きつけてしまうくらい興奮した。
これで山形は連勝を手にした。

この試合の得点者は阪野・永藤・瀬沼だ。前線の3人そろい踏み。
やっぱり前の選手が取って勝つってのは気持ちいい。
しかし重要なのはその一個前。アシストだ。
アシストは瀬川・瀬川・瀬川だ。三人はいない。一人で3本決定機を演出した。

この日の瀬川はいい方の瀬川だった。
もう瀬川の試合と言ってもいいくらい瀬川の試合だった。
あの「エロいクロス」と評される嫌らしい角度で曲がるクロスを三本全て左足。
本当に助けられた。
これが続けられるならウィングバックのファーストチョイスになる。
ムラがかなり多い選手だけになんとかこれから夏にかけて調子を安定させてほしい。

失点シーンは映像を見ないとわからないけどなんとかしないといけない。
最後のあの一番集中しなければいけない時間にやらかすのは本当にがっかりする。
幸か不幸かその失点があったからこそロスタイムの爆発的な喜びになったわけなんだけど。

とにかく選手はこのクソ暑い中よく走ってくれた。
得点も3つ取れて攻撃面の改善も見られる。セットプレーが重要なのは前々から変わらないけど。
ただ冷静に見れば得点を取れる試合では失点も付くってのは看過できない事でもある。
前に出る⇔引いて守るのバランスの部分だと思うんだけど、改善を期待する。

次はアウェイで湘南。ここは今までとは全く違うしんどい試合になるだろう。
湘南なんて一昔前はカモだった気がするんだけど。
今年からもカモにしてくれる事をほんの少しだけ期待している。

試合終了後には広大が挨拶に来てくれた。
うちでも中心選手だったんだからどこに行っても中心選手でやってくれないと困る。怪我してたらしいけど早くあのザルディフェンスをどうにかしてやれ。
てか健太郎も連れてこいよ。

あと余談なんだけどこの試合の後半開始前、相手GKがゴール裏のボールボーイと何か会話をしていた。
恐らくボールを出すタイミングの話だろう。
「俺が言ってからくれ」とか「すぐ出してくれ」とかだと思う。後半開始時は山口はリードを許していたし。
昨今ボールボーイの対応で何やら騒がれる事が多いような気がするけど、ああいう風にコミュニケーションを取っておけばいいだけの話だと思う。
遅いなぁと思ったら「次からもっと早くくれ」って一言いえばいいだけだと。
日本においてはホームチームのアドバンテージなんて微々たるものだ。
そんな中でも少しでも自チームに有利に試合を進めようとする中でボールボーイに何らかの指示をしたりする事もあるだろうし、ボールボーイ自ら時間を稼ぐ選択をすることもあるだろう。
でもプロの選手に一声掛けられればやっぱり嬉しいもんだろうし「言われちゃったからなぁ」と球出しも若干早くなるかもしれない。
審判ともコミュニケーションを取るようにボールボーイも人間だ。どんどん喋っていったらいいんじゃないかと思わせてくれたシーンだった。
スポンサーサイト
  1. 2017/05/21(日) 22:01:46|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JリーグDiv2 第11節 山形―水戸

前節成す術無く完膚なきまでに叩きのめされぐうの音も出ない中で木山監督の雷が二桁くらい落ちたであろう山形はホームに戻ってのゲーム。
何もできなかったのはチームとしてのプランニングに問題があるのか、愛媛が完璧なスカウティングをしたのか。この試合ではっきりする事になる。

対戦相手の水戸は調子が超いい。マジ半端ない。陵平半端ない。J2得点ランキング2位の点取り屋だ。
あとは38番の選手。小柄ながら陵平の衛星的な動きをして最終ラインの嫌な所に顔を出し続ける。
この二人がキーだけど、攻撃に関してだけではない。ディフェンスのスタートも前から。
特に陵平のチェイシングに関しては山形側の人間はよく知っている。あれには相当手を焼くであろう事は容易に想像できた。

山形は加賀と鈴木を欠く。この二人の離脱はかなり痛手になっている。
攻撃のパターンとして鈴木の個人技やアイディアに頼るシーンも少なくないし、加賀のフィードやスピードは相手を押し込めるキーになる。

スタメンはGKに児玉
最終ラインは高木、菅沼、茂木。
ボランチに風間と本田。ワイドは山田と瀬川。
前三人に瀬沼、汰木、阪野。

試合は始まった瞬間から水戸の試合。
簡単にボールをロストしては押し込まれる。
ボランチの所に預けられないのが顕著に出てしまい、後ろから蹴るしかなくなる。
後ろから蹴ろうにも前のプレスが激しく精度を欠くボールになる。
それが相手に渡って何度も攻撃を食らうはめになるという水戸としては理想中の理想の形だったと思う。

そうなれば決定機を与えるのも時間の問題になる。
やっぱり38番。本当に嫌な所を突っつかれ続けた。
児玉がセーブした所や枠外に外してくれた所。合わせて4~5本くらいあっただろうか。
今日の陵平は僕達の知っているシュートまでは上手いけどシュートはど下手くそな陵平だった。

前半の見せ場は殆ど皆無。
左サイドからの攻撃は若干あったけどクロスの精度に問題があったりシュートが弱かったりしていたと思う。
直接FKもあったけど枠外。石川がいたら決まっていたかもしれない。あとはディエゴか。

後半は少し改善するけどやっぱり中盤で収まらない。
とにかく本田を使えない状況が辛い。他に頼れる場所が無い。
風間も頑張ってるのはわかるんだけどパス精度とアイディアがもう一皮むけないと辛い。

あとは決定的にサイドが弱い。
山田も瀬川も落第点と言っていいくらい弱い。結局この二人は途中交代することになる。
瀬川に代わって永藤。山田に代わって荒堀を入れる。
永藤が前線に出て瀬沼がサイドに張る形だけど、これが意外と嵌る。
永藤が最終ラインの裏に飛び出す駆け引きをし始めるとようやく押し込む時間が始まった。
一個PKじゃねえの?ってシーンがあったけど映像を確認していないのでわからない。
それを見てなのか水戸は最後の交代枠を躊躇なくCB投入に使ってきた。
0-0で得点が欲しい中このカードを切れる監督ってそうそういないと思う。

後ろにスペースも無くなってしまったけど、中山を本田に代えて投入して前線にパワーを持たせる。
サイドを完全にぶち破るシーンはあまりなかったけど、阪野と中山が体を張ってポストワークやヘディングシュートを狙う。ここ最近の攻撃の中では割とよくできてたほうだと思う。

残り10分を切ったあたりで汰木や阪野が絡んでいいシーンを作ったけど最後のシュートまでいけない。
打ったとしても相手が体を張ってブロック。
結果ノーゴール。

しかし後半はカウンターくらいしか攻撃の形を与えなかったのも奏功し、失点も無かった。
0-0のドロー。今のチーム状態を考えれば御の字かもしれない。

とにかく攻撃の始め方がわからない。
ボランチを潰されたら攻撃権を放棄するしかないのか。
サイドが弱いのも顕著だ。人にも弱いしポジショニングも悪い。トラップも下手。クロスもあさって。
正直な感想を言えば山田と瀬川はプロレベルには感じなかった。今日ボールパーソンを務めていた山大医学部サッカー部から借りたほうがいいんじゃないだろうか。

良かった事は永藤が使えそうな事。こいつは空気を読まずにガシガシやれるはず。もう少し我が出てもいい。交代で入ったなら自分で試合を決めるくらいの気持ちでやってほしかったけどスタメンもいけると僕は思う。

それなりに破壊力を持つ水戸にゴールを割らせなった事は評価できるけど、後ろも含めた攻撃の作り方をもう一度考えなくてはいけない。
前線で阪野を孤立させない工夫やサイドの優位性を保つための工夫も無い。
今日は暑かったから足が止まったなんてクソの言い訳にもならない。
正直後半は水戸の足が止まってくれた事に相当助けられた。

次は中三日で名古屋。まぁ普通にやったら無理だろう。
三日間で何が用意できるのか。無策に散るのか。
3戦で1点しか取れていない攻撃を改善させる一手を木山監督が用意している事を期待している。


最後に、試合後陵平があいさつに来てくれた。
似つかわしくないキャプテンマークを巻いていた。
お前はもう水戸で水戸の為にゴールを奪え。ウチからは奪うな。
あと、もう少しシュート練習しろ。特に右足な。
  1. 2017/05/03(水) 21:25:01|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JリーグDiv2 第8節 山形―東京V

前節でホーム初勝利になった山形はホーム連戦。
僕は個人的に千葉にあるのに東京と名の付く夢と魔法の王国に行ってネズミや犬や海賊と戯れていた為にホーム初勝利を見届ける事が出来なかった。
でも夢と魔法の王国はそれはそれは夢と魔法に満ち溢れていた。
その話をすると長くなるので止めておく。

今節は東京Vが相手。
正直強い。
どっちかって言うと今までのヴェルディっぽくない印象がある。
ディフェンスは前からタイトにやるけど、後ろで無駄に繋がない印象を持っている。
蹴る所ははっきり蹴ってラッシュする。
これを昔のヴェルディのサッカーと組み合わせてやれたら結構真面目に昇格候補だと思う。

山形のスタメンは最終ラインに高木が入る前節と同じ形。
実際に生で見ていない僕としてはこれが結構怖い。
最終ライン高木は怖い。怖い。

ヴェルディのキーマンはアランピネイロ。
こいつそんなに献身的なディフェンスする印象無かったんだけどかなりディフェンスに気を使っている。
とにかくここを自由にやられると高木善朗やら中後やらにも好き放題やられる。

さて試合の内容なんだけど結果を先に書くと1-0で山形が勝った。
勝たせてもらった。勝たせて下さった。
それくらい内容としてはヴェルディの試合だった。
裏を返せばヴェルディが最後のシーンでイージーなミスを重ねた試合だったし、山形がワンチャンスをものにした試合だった。

前半から超ハイプレッシャーに苦しめられる。
GKからのリスタートにも最終ライン三枚に対してヴェルディの前線三人はピッタリマンマーク。
短いボールで繋ぐ事は容易ではなく、案の定ミスも出て決定機を作られた。
この試合におけるヴェルディの決定機ってのはどのレベルを言えばいいのかわからないけど、そこに関して体を張る事はしっかりできていた。

前半から無人のマウスにボールを流し込むだけのシーンでミスをしてくれた事。
ミドルシュートもバーが弾いてくれた。まぁバー直撃は枠外だけど。

あのくらいのシーンになってしまうと児玉どうこうの話ではない。
早くて強いプレスに引っかかってスクランブル状態でのディフェンスを強いられる事が全てだった。

前半15分~25分くらいまでは山形の時間を作ったけど殆どはヴェルディの時間。
もう凌ぐので精一杯な印象だった。前半0-0だったのは本当に御の字だった。

後半は絶対修正してくるだろうと思ったけどやっぱりヴェルディの試合。
後半開始早々に児玉がやらかして決定機を与えるも、これも枠外に外してくれた。
まぁハーフウェイくらいからのシュートは無人のゴールだろうが言う程簡単じゃない。

後半は進むにつれてヴェルディの足が止まり始める。
あれだけ飛ばしてアタックしていれば当然なんだけど、それに加えて前線のアランピネイロと高木善朗はイエローを貰っている事もあってあまりタイトにいけなくなったように見えた。

そうなると阪野が体を張ってポイントを作ってサイドに叩く形が出始める。
汰木や高木がサイドをえぐりクロスや絞ってミドルを打つ。
そんなシーンが出始めてやれるかなあという印象も抱き始めた頃に待望の瞬間がやってくる。
今度は中央ではなくサイドに開いた阪野が右を抉ってクロスを上げる。
後ろから突っ込んできた瀬沼がダイレクトで合わせキーパーに弾かれる。
セカンドを拾った汰木が一歩二歩キープして左足でゴールど真ん中の上へまさしく突き刺した。
本人としてもチームとしても待望のゴール。
決定機を外しまくっていたので「ほっとした」らしい。

そこからは若干後ろに比重を置くのでまた押し込まれる。
ある程度裏をやられないようにするわけだけど、アランピネイロにポイントを作られサポートがセカンドを拾う形でリードしてから2~3度決定機を与えた。
児玉がいい判断で飛び出してクロスをダイレクトキャッチしたりまたも枠に弾かれたりして助けられたけど何とか無失点。

正直ヴェルディが4点くらい取っててもおかしくない試合だったけど結果は1-0。
こういう試合を勝てたのは大きいと思うし、これだけ相手が外してくれたのだから勝たなきゃもったいない。
去年までの山形だとこれだけ相手が助けてくれた試合でも順当に負けていたような印象すらあるので「ごちもうけwww」くらいにも思う。

課題は山ほど出た。
中村がどれくらい効いているのか。
瀬川は山田よりもいいのか。
ディフェンスのスペースの埋め方は正しいのか。
エリアから出たときの児玉の判断は何が基準なのか。

もちろんいい部分もある。
菅沼が絶対ワントップに体を当てている事。
攻撃に人数をかけられるようになってきた事
児玉のハイボール処理能力。
阪野のポストワーク。

これらが課題や収穫として出た試合で泥試合でもなんでも3ポイント手に入れた事が本当に大きい。
今日はそこがすべてだと思う。極論リーグ戦は3ポイントがすべてだ。

次戦はアウェイで岡山。
昨シーズンJ1に上がりかけて調子に乗っている節があるので今シーズンはコツンと叩いておかないといけない。
勝ち点的には上位とそこまで開いていない。
まだまだ始まったばかりのリーグ戦。やっぱり負けてなかったあの時期の勝ち点1は結構大きいように思う。

攻撃面にも改善が見られ始めた中で一応の無失点試合での連勝。
いい面悪い面をしっかり見直して岡山からきびだんごと勝ち点3を持って帰ってきてくれる事を期待する
  1. 2017/04/15(土) 21:36:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

JリーグDiv2 第5節 山形―福岡

山形は三試合連続ドローゲーム。
一個でも勝てていれば印象はかなりいい数字だけど勝ち点としては1勝分でしかない。
守備面も完全に守り切ったという試合は無い。相手に助けられているし、児玉が大仕事をしている。
そんな中でどういう風に攻撃の活性化を図り、守備の安定を構築するのか。
そして勝ち点3を得られるか。
まだ負けていないというのは強みにはなる。けどこのまま引き分けが続けば「負けないけど勝てないんじゃないか?」という気持ちも出てくる。

相手の福岡は去年はJ1。最下位降格したものの、井原監督続投で再昇格をもくろむ。
一度昇格して日帰り降格したクラブが監督を続投させるというのはモチベーションやチーム作りの明確なビジョンを持てる。
湘南や山形も降格しても監督を続投させた。

山形のスタメンは少し入れ替わり。
GK児玉。最終ラインは茂木、菅沼、加賀。
ボランチに本田、風間。両ワイドに瀬川と鈴木。
シャドウが瀬沼と荒堀でトップに阪野。
結局石川と高木の左利きコンビはセットで外れた。

試合は開始前に吹き始めた風が影響したのだろうか、開始早々押し込まれる展開が続く。
福岡の攻撃の軸はウェリントン。石津でも城後でも坂田でもない。ウェリントンを抑えない事には好き放題やられる。
かなりマークはきつく行っていたけどそれでも剥がされるシーンがかなりあった。
マークに付いていても浮き球を背中越しにヒールで捌いたりしていてかなり厄介だった。

一度ウェリントンに収まると後ろから猛追してくる選手に落としてのサイド攻撃のイメージだろうけど、鈴木は献身的に最終ラインまで下がってディフェンスしていたし、瀬川もある程度守備面は改善されていた。

けど前半は攻撃の形は殆ど無かった。瀬川がアーリー気味に上げたクロス2本くらいだろうか。
もう少しボランチやシャドウの真ん中で時間を作らないとサイドディフェンスが間に合っている。

コーナーで一本ヒヤッとしたシーンがあったけど直前に西村さんの笛が鳴っていてノーゴール。
この日の西村さんのジャッジはかなり安定感があったように思う。

後半は風上。
前半の不甲斐なさを見て恐らく木山監督がロッカーでぶち切れたんだろうと思う。
後半は入りから球際の厳しさが違っていた。
簡単なコンタクトじゃ審判が吹かない事もあってガツガツ潰しに行く。
これは奏功していた。

しかしやっぱり攻撃面のアイディアとか関わる人の数が少ない。
鈴木はかなりよくやっていたと思うけどやっぱり左サイドが弱い。
相手だってバカじゃないんだから鈴木にやられると思えば反対サイドに追い込んでくる。
横パスをカットされるくらいならチャレンジで斜めに鈴木を使ってもいいように思うんだけど。

でもやっぱり風上ってのはでかいんだろう。後半はかなり押し込んで決定機もいくつか作った。
相手もバー直撃のシュートが一本あったように見えたけど、バーポストは枠外だ。

瀬川に変えて山田を投入して鈴木を左サイドに入れ、荒堀に変えてシャドウに汰木を入れると前で収まる時間も増えた。
見違えるように左サイドの攻撃が活性化した
しかし結局はスコアレスドロー。汰木は何個決定機を不意にしただろうか。
山田も最後のドフリーのヘッドをキーパー正面に飛ばす。
風間のFKは相手GKを褒めるしかないだろう。あれは続けていいキックだと思う。

4試合連続ドロー。
これがJ1ならしめたものだけどJ2では負けに近い結果でしかない。
今日に関して言えば最後の所でディフェンスは出来ていた。
それをベースに考えれば攻撃は水物、徐々になんとかなるとも思う。
でもホーム開幕2連戦を2試合引き分けに終わったのは合格とは言えない。
負けていない事だけをウリにするのももう限界だ。
それにノーゴール。面白い内容のサッカーを求める事はないけど、ノーゴールってのはちょっと寂しい。
今日のように後半の差し迫った時間にゴリゴリパワープレーで攻め込んで匂いのする時間に決めればそれこそ鳥肌ものなのだ。
そういう意味では今日はもう一歩足りなかったのかもしれない。
汰木や山田が頭から使えればもっと違う展開も期待できるかもしれないし、鈴木をシャドウで使ってもいいかもしれない。普通に荒堀右サイドに出して中に鈴木でもよさそうだけど。

いずれ新しくなったチームは僕達の前ではまだ勝ってくれなかった。
来月に持ち越しである。

次はアウェイで長崎。
ちょっとチーム存続の危機かとかまことしやかに囁かれたけどジャパネットが本気を出してなんとか解決した。
なにやら田代がゲームキャプテンやって3バックの真ん中で奮闘しているらしい。
山形にいたときは3バックでも左右だったから真ん中適正がある事に驚いたけどあいつは空中戦でやらかす。
瀬沼あたりがガンガンそこに突っかかっても面白いかもしれない。

そろそろ勝ってくれないと全く新しいチームなのにブーイングだなんだの話になりかねない。
まず次のアウェイとその次のホーム、勝ち点は6以外不合格だ。
奮起に期待する。
  1. 2017/03/26(日) 20:50:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

JリーグDiv2 第4節 山形―讃岐

J2も開幕して早4節。
山形には待ちに待ったホーム開幕戦。
アウェイ3連荘をこなす日程もちょっと慣れてきた節すらある。
それでもJが開幕してから3週間近く待たされるのはいい気分ではない。
気候の問題でどうしようもない部分ではあるけど、完全屋根付き専用スタジアムでもできれば開催可能なんだろうか。芝は育たないか。

山形は今年は珍しく開幕勝利を収め3戦無敗。
熊本戦は完全に落とした試合だったけど例年に無い滑り出し。
いかんせん選手が変わりすぎててどんな特徴の選手を抱えているのか等は全然わからないけど、サッカーの質の部分、特に守備に関してはかなり満足な出来。
センター線の選手が地力があるとこういう事になるのかという印象。

4戦やってスタメンはほぼ決まっている感じ。
この試合も恐らくベストメンバーに近い布陣だった。4試合やってケガ人は一人だけってのはここ3年は無かったんじゃないだろうか。まぁそいつが全治3か月の重傷で結構キープレイヤーなんだけど。

GKは児玉。正直僕はこの試合を見るまでは自動ドアだという印象を持っていた。この試合を見るまでは。
後ろは三枚で左から石川・菅沼・加賀。石川は左足のセットプレーと前への配球、加賀はスピードで裏を狙う選手を封殺、菅沼はハイボール対応とライン統率。割と役割は明確だ。
ボランチ二枚に本田と風間。両者とも球出しと潰しを区分せずにやる印象。まぁ強いて言うなら風間が前目で本田が後ろか。
両ワイドに高木と鈴木。ここ二人は去年もいたけど、鈴木に関してはポジションがまるで違う。高木は石川の前だと馬車馬のように働く印象。石川以外が左ストッパーだとサボる。
シャドウ二枚が瀬沼と荒堀。荒堀がシャドウなのは意外っちゃ意外だけど前節これが割と嵌っていた。瀬沼はサイズもあるので前に張ってターゲットにもなれるしサイドのディフェンスもサボらない。
ワントップに阪野。正直ここが一番印象が無い。この試合でいい印象を得たいと思っていた。

讃岐は「清水と北野がいれば残留確定」とまで言われるくらい清水のウェイトが大きいらしい。
山形時代はキャプテンなんてガラじゃなかったけど。

そんな清水健太君が空気を読まずにコートチェンジを選択して始まった試合は讃岐の潰しをまともに食らう。
シャドウかトップに一度ボールを預けて前と後ろの選択肢を作りたいんだけど、特に荒堀はかなりマークがきつかった印象をうけた。
サイドでの数的優位も作れずにハードワークしてくる相手に手を焼く。
風の影響もあったのかもしれないけど、高木のクロスは昔の山田のそれを思い起こさせるようなひどいものばかりだった。

逆に讃岐に押し込まれるとなかなかボールを取り切れない。潰して奪ってもボランチより前の選択肢が少ない。それくらい讃岐の切り替えが速く、中盤での行ったり来たりが多かったように思う。
決定機という決定機は無く、逆に讃岐にドフリーのシュートチャンスを与える始末。
今まで見た試合で一番酷いディフェンスの出来だった。

J1だったら決まっていたであろうシーンを2~3個外してくれて前半は0-0。
石川の所を狙われていたと思う。

後半はさすがに修正してくるだろうと思っていたけど讃岐の足が止まらない事には中盤は使えない。
ダメダメだった高木に代えて山田を右に入れて鈴木を左に回すと左サイドは若干活性化したけど崩し切る所までには至らない。
本当に讃岐が元気よく走り回っていた。あれ相当しんどいはずなんだけど。
後半はこっちに向かって攻めてくる讃岐が決定機をこれまた2~3回作った。それ以上かもしれない。
でもそこにこの試合唯一輝いた山形の選手が立ちはだかる。
児玉がビッグセーブと言っていいであろうプレーを連発する。
特にこっちから見て左45度くらいから放たれたシュートをファーに2歩くらい足を動かして飛びついて弾いたのは見事だった。あれは完全に2点以上のプレーだった。
自動ドアとか言って本当に申し訳ありませんでした。

終始前線で阪野が孤立し、サイドで優位性を作れず、中盤の収めどころで潰され、逆サイドへの大きい展開も無い。これで勝てるとすればセットプレーだけど今日は審判の質も含めて難しかった。
0-0でのゲームセットはなんとか勝ち点を拾ったドローという印象。

今まで暖かい所で試合をしていたから体が動かなかったのか、讃岐は逆に涼しくて走れたのか知らないけどこんな試合を続けるんじゃ正直POなんてあり得ない。
まぁ木山監督はダメならダメでさっさと変えたり直したりする人だからあまり心配はしていないけど。
それでもホーム開幕で10000人近い来場があった中で勝てなかったのは痛いなぁと思う。

開幕4戦無敗。ドロー3個は1勝2敗と同じだからあまり嬉しい数字ではないけど。
それでもホームでの試合も終わって山形としてはようやっとの通常営業。巡業が終わった。
ここからの試合で熊本戦や今日の試合で拾いきれなかった勝ち点を拾って行く事になる。

次もホーム。相手はちょっとどころじゃなく強いけどそういう相手に何もさせずに勝つプランを用意できる監督なはず。
「こいつにこんな事やらせんの?しかも嵌ってるじゃん」ってのをちょっと期待している。


なにはともあれホーム開幕。今年も胸が熱くなるようなヒリヒリするような試合を期待している。

  1. 2017/03/19(日) 20:56:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

kyankyan.

Author:kyankyan.
身長体重が女の子レベルな男の子。
長距離ドライブは片道200キロから。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

サッカー (117)
バスケ (3)
麻雀 (1)
未分類 (27)
自己紹介 (1)

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR